アスミールの成分と効果について

3.0

厚生労働省が発表している食事摂取基準をほぼ満たす事が出来るとされているサプリメントがあります。
それがアスミールと言う今話題になっているサプリメントです。身長を伸ばす為に必要な成長ホルモンの分泌を促してくれる効果があり、牛乳に混ぜて飲むだけという簡単なサプリメントです。
そんな簡単なら購入してみたいと思う方も沢山いると思いますが、購入する時に気になるのはやはり評価です。アスミールには良い成分が沢山含まれている反面、悪評が多く見られます。では、何故こんなに悪評が多いのかを調べてみました。

■アスミールについての紹介

アスミールは人気ママタレント・小倉優子さんをイメージキャラクターに起用しており、印象的には好印象なイメージの商品になっています。
そこでアスミールについての評価をお話する前にアスミールとはどんなサプリメントなのかを紹介したいと思います。

・アスミールとは?

厚生労働省が発表している1日の食事摂取基準をほぼ満たされるとされていて、身長の伸び悩みを持つ子供を育てているママには大人気の成長応援飲料です。飲み方としては牛乳100mlに対して6gの粉末を溶かして飲むだけです。スタンダードフレーバーとされているのはココア味ですが、その他にもイチゴミルク味、メロン味、ピーチ味の4種類があり、電話一本で味の変更が可能です。
販売方法は1回ずつの通常購入と毎月届けられる通常定期購入になっています。

・販売メーカは?

アスミールを製造、販売しているのは株式会社イッティです。イッティは2009年9月に創立されビューティ&ヘルス関係の商品を販売する会社です。これまでにも安眠枕やシャンプー、バストケアクリーム、サプリなど様々な商品を販売していますが、誰もが知るような知名度がある会社ではありません。その為、アスミールにはママタレントの小倉優子さん、ストレッチアイテムには保阪尚希さんなどの有名人をイメージキャラクターに起用する事で戦略的に売上を上げている会社になります。

・1袋当たりの値段は?クーポンは?

通常購入の場合、1袋(180g)あたり4,430円(税込)とかなり高めで、1ヶ月4,000円以上にもなると購入をためらう人などがいます。1杯あたりで計算すると1杯147円にもなってしまい毎日飲むには高いと感じる理由の一つだと思います。
通常定期購入の場合は初回のみお試し価格で2,214円(税込)で購入出来ます。2回目以降は10%offの3,980円(税込)で購入する事が出来ます。1杯あたりで計算すると1杯132円と少しだけ安くなるのでアスミールの購入者の70%は定期購入コースで購入しています。ですが、やはり値段に抵抗がある方もいると思います。
アスミール購入にはクーポンコードはありません。イッティのオンラインショップで購入した方にのみクーポンが発行され、初回半額の最安値で購入出来るようです。

■アスミールの特徴は?

子供を持つママたちが何故アスミールに関心を持ったのか、アスミールにはどんな特徴があるのかについてお話します。

・「ZAPバランス」で成長ホルモンの分泌を促進。

→ZAPバランスとは、アスミールの三大栄養素のうち、亜鉛(Zinc)、アルギニン(Arginine)、プラセンタ(Placenta)の頭文字を取ったもので、これらが子供の成長ホルモンを分泌、促進させてくれます。

・「トリプルカルシウム」で吸収率up

→天然サンゴ素材ドロマイト、魚骨焼成カルシウム、胡麻ミネラルの3種類で成長期の体にアプローチします。効果には個人差が出る為、多方面からのアプローチはサプリメント業界では有名なテクニックです。

・「CPP&ビタミンD」でカルシウムを吸収

→天然サンゴ由来のカルシウム吸収材であるCPP(カゼインホスホペプチド)とビタミンDでトリプルカルシウムの吸収率を上げます。カルシウムは摂取しても吸収しなければ効果は無いので吸収率が上がる事は大切です。
カルシウムは他で摂取出来ても成長ホルモンを分泌させ促進させる子供向けサプリメントはなかなか無いので、その辺が子供を持つママが購入を決める決め手だと思います。

■何故アスミールには悪い口コミが多いのか?

上記で説明したアスミールの特徴だとそこまで悪い部分は目立ちませんし、成分としては魅力的な成分が沢山入っていました。では、何故アスミールに悪評が多いのかを説明したいと思います。

・定期縛りがあった

アスミールの定期購入には3ヶ月の購入という縛りがありました。公式サイトにも記載がありましたが、価格に目が行きがちで見落としてしまったという購入者からの意見や文字が小さくて分からなかったという意見がありました。

・定期購入を途中で解約すると違約金が発生する

定期縛りの3ヶ月以内にアスミールを解約すると通常購入からの差額を請求されてしまいます。こちらも公式サイトに記載があり、見落とした購入者からの意見で、仕方なく1年続けたという意見もありました。

・シェーカーを使っているのに溶けにくい

アスミールの購入者からは溶けにくいという評価が多かったです。初回購入でシェーカーがプレゼントされるのに、温めても、シェーカーを使っても溶けにくいという意見があり、子供が粉を飲んでいるみたいと言い、咳をしながら飲んでいるという話がママから上がっています。

・ミロで十分

ココア味を購入した方からの意見で、飲んでみると意外と普通でココア味ならミロでも同じような味だと感じた購入者がいたようです。アスミールに関わらず成長サプリはどれもミロのような味がし、高額なので特別感を求めたら拍子抜けしたという購入者からの意見があります。

・身長が伸びない

一年以上子供に飲ませていたが全然背が伸びないという意見がありました。アスミールの特徴では身長が伸びるなどと書かれていましたが、そのような宣伝をしている成長サプリにはほとんど背が伸びるような効果は期待されないようで、日本小児内分泌学会が「科学的なデータはない」と名言しています。

以上のように、アスミールの悪評で多かったのは定期縛りシステムの不安についてが主な内容でした。

また、粉末の溶けにくさや味の特別感などがアスミールの購入金額と差があったため更にイメージダウンという形に繋がってしまいました。

身長に関しても成長サプリメントには期待されるような効果が無かったために期待したママ達に更に追い打ちをかける形になってしまいました。

■アスミールじゃなくても栄養は取れる

アスミールは成長サプリメントと共に栄養機能食品でもあります。身長を伸ばす目的ではあまり効果はありませんが、栄養を摂取する食品としては効果的です。アスミールの公式サイトには子供の1日に必要な栄養を摂取するには大変と書かれていましたが、意外と簡単に栄養素を摂取する事が出来ます。例えるなら以下のような内容になります。

→カルシウム500mg
・いわし6匹
・雪印毎日骨太チーズ1個(276mg)
・みすず高野豆腐1個16.5g(104mg)
・森永おいしい牛乳200ml(221mg)

→ビタミンD3μg
・しいたけ7個
・たまご1個(2μg)
・しらす干し大さじ2(6μg)

→鉄分4.5mg
・ヒジキ10g(5.5mg)
・メグミルク一日の鉄分ヨーグルト(6.8mg)

→ビタミンC45mg
・りんご4個
・ゼスプリサンゴールドキウイ1個(161mg)
・柿1個(112mg)

→ビタミンB1 0.7mg
・豚もも肉100g(0.96mg)
・ロースハム100g(0.60mg)

→ビタミンB6 0.6mg
・バナナ一本100g(0.38mg)
・鮭1切れ100g(0.64mg)

上記を見れば一般的な食事で1日に必要な子供の栄養素は十分に摂取出来ているのが分かります。なので、高価なアスミールを購入しなくても普段の食事に少しずつ上記の食材を加える事でアスミールを飲まなくても栄養素は足りるという事になります。

■アスミールがオススメな人

成長サプリメントは身長が伸びる訳でもないので、特に身長の伸びを気にせずに栄養機能食品として利用されたい方や以下のような方にはオススメな商品だと思います。

・偏食、少食すぎる

子供が好き嫌いが多かったり少食だったりすると食事を作るママはとても大変な思いをされると思います。作っても食べてくれないとなれぱママもノイローゼになってしまうような悩みです。そんな方には栄養が豊富なアスミールを試してみて子供が飲んでくれるのなら毎月4,000円は出しても惜しくはない価格だと思います。

・料理を作る時間を取れないママ

下の子供がまだ小さく上の子供の食事を作るのが大変、仕事から帰宅して料理を作るのが大変、体調不良でキッチンに立てないなど様々な理由で毎日の食事に気が回らないというママも多いと思います。そんな時に食事の傍らに牛乳に混ぜたアスミールがあるだけでも栄養を取れていると思えばママの気持ちも少しは気持ちに余裕が出来ると思います。

・溶けにくさが気にならない方

アスミールの評価には溶けにくいという意見が多く上がっていました。そのため溶けにくくても気にならないママや子供には向いていると思います。また、ホットで飲みたいという方にはアスミールを購入してもさほど後悔する事も無く栄養も取れて効率的に楽しむ事が出来ると思います。

■アスミールも良いけれど、まずは毎日の食事や睡眠を見直しましょう

アスミールはあくまでも成長応援飲料です。成長サプリメントと言う前に栄養機能食品としての利用をオススメします。成長サプリメントだからアスミールを飲むと必ず身長が伸びる訳ではありません。なので子供の成長が気になるようであれば、アスミールの購入を第一に考える前に、普段の食事メニューの改善やしっかりと子供が睡眠を取れているかなどを見直す事を第一に考える事が先決だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました